毛じらみ症について

ケジラミという人間の血を吸う虫が感染することで起こる性病にケジラミ症というものがあります。

陰毛など毛のあるところに住むケジラミが、性交などによって移るもので、場合によっては入浴時に感染することもあるそうです。

肉眼ではフケのように見え、自分でケジラミと判別するのは難しいとされています。主に陰毛に寄生しているわけですが、脇毛など他の体毛にも寄生することがあるそうです。

症状としては痒みが挙げられますが、最初はちょっとした痒みが、日を追ってひどくなり、いずれはとても耐えられない痒みになってしまいます。

初期症状としては自覚症状が少ない性病が多い中で、ケジラミ症は比較的自覚症状がはっきりわかりやすい性病と言えるでしょう。

医師にかかる場合は皮膚科が多いようです。治療法としては、毛を剃ってしまう方法があります。毛を剃ってしまえば、ケジラミが住めなくなってしまうためです。

ブラッシングで取ってしまう方法もありますが、成虫は取れても卵は取れないので、毛を剃るのが嫌なら薬剤に頼るしかないでしょう。

薬剤としては、シャンプーやパウダーなどが市販されています。

これで成虫はやっつけることができますが、卵には効きにくいため、何度か繰り返し使用する必要があります。

ケジラミは、人間の体から放れても1日くらいは生きていられるといいますから、性交以外にも感染のリスクがあるということを知っておくべきでしょう。