性病や薬治療で治ります

性病に感染しない!!させない!!

 

性病に関しては、かかってしまったら早期治療が1番大切になりますが、日頃からの予防の意識というものも大切になります。

厚生労働省などではそうした性病の予防に関して協議をした内容を簡単にまとめていたりパンフレットなどにして配布しているということがあります。

最寄の病院などにパンフレットがおいてあることもあるでしょうし、自宅においてもホームページなどにアクセスをすることで見ることが出来ます。

こうした感染症の予防には先ずは「感染しない!!させない!!こと」が大切になります。

避妊は勿論のこと、不特定多数の人と性交渉を行わないことですとか、性交渉の前に身体をきれいにすることや野外で行為は避けるですとか、日常における予防策などをガイダンスしてくれています。

分かりやすくまとめられたサイトなども数多く存在していますので覗いてみるのも良いかもしれません。

また、もし疑わしい症状が見られたときなどの事に関しても書かれているものも。

どのような診療科目に行けば良いのか?どのような治療が行われることが多いのか?などが書かれています。

こうしたものを見ることで安心して受診できるという人もいますし、早期治療への意識が高まったりしますので目を通しておくと良いでしょう。

 

ケジラミには薬で対処

 

毛じらみ症というのはケジラミという吸血昆虫が感染して引き起こされる性病の一種で、激しい痒みが特徴です。

一般的には性交によって陰毛から陰毛へと感染するわけですが、場合によっては肛門周辺の毛や脇毛、さらには胸毛やヒゲ、頭髪にもケジラミがつくこともあるそうです。

ケジラミは簡単に移るので、予防が難しいとされています。

症状としては痒みと湿疹で、感染が疑われたらすぐに治療を始めることが大事です。

昔からの治療法としては、毛を剃ることが知られています。ケジラミが住めないようにすればいいという話ですね。

ブラッシングなどで取る方法もありますが、卵は取れないため効果は期待できません。

毛を剃るのに抵抗がある人も少なくないでしょう。

そういう人のために性病の薬が開発されています。

粉末薬や洗髪剤があり、ネットでも簡単に購入できます。
こうした粉末薬や洗髪薬も卵には効果が薄いため、卵がふ化したタイミングでまた使う必要があります。

数日ごとに繰り返して使用すればいいでしょう。

Share on GREE
email this
LINEで送る
Pocket

新着情報

◆2014/02/10
性病や薬治療で治りますの情報を更新しました。
◆2014/02/10
管理者情報の情報を更新しました。
◆2014/02/07
エイズについてもっと知ろうの情報を更新しました。
◆2014/02/07
毛じらみ症についての情報を更新しました。
◆2014/02/07
サイトマップの情報を更新しました。